キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

受動喫煙によるの悪影響はかなりのリスクを伴う

ピルを服用する時は気をつけなければならないことがあるのですが、服用している方の中にはピルの事をよく理解していない方もいらっしゃるようなので、調べてみましょう。

ピルはたばこを吸っている方には処方されません。
禁煙するから!!と言って処方してもらうケースはあるようですが、たばこを吸う方は血栓症や心筋梗塞などのリスクが高くなりますので、基本的にはピルを服用する事はできません。

自分自身はたばこを吸っていないとしても、いつも一緒に過ごしている彼氏や家族に喫煙者がいるという場合は、受動喫煙となります。
受動喫煙で血栓ができたり心筋梗塞になったりする事はあるのか気になるところですが、たばこは体に良くありませんのでやめるのが一番です。

気になる受動喫煙の影響

たばこにはニコチンが含まれていて、体に悪影響を及ぼすのですが、たばこを吸う人が吸っている煙よりも、副流炎の方が有害なので、ピル服用時にも影響があると考えた方がいいかもしれません。

たばこを吸っていないから大丈夫!という方も、実は彼氏がヘビースモーカーだったりする場合がありますから、近くで吸わないでもらうなど気配りしてもらう必要があります。

35歳以上でたばこを15本以上吸う方は、血栓症などのリスクを高めますのでピルで避妊するのではなく、他の方法を探しましょう。

処方してもらえないという理由で通販で購入する方もいますが、自己責任になりますので気をつけて下さい。

▲PAGE TOP